2006年08月06日

ものつくりの能力

最近,やってる実験の毛色が変わったせいで,四苦八苦しております….

特に苦戦しているのは工作.
はんだづけとか六角レンチとかサビどめとか….
今まで「ちょっと苦手だなあ」と思ってたところで勝負しなければならず,この数ヶ月はまったく歯がたっておりませんでした.
あまりに進まない私をボスが見かねて力を貸してくれたのですが…,自分のあまりの技術のなさと無頓着さが恥ずかしくなるほど,次々と現状での問題点を指摘し,どんどん解決してゆくではないですか.自分が何もできない赤子の分際で「こんな原始的な手法,魅力を感じないんですが.」とか心の中で見下してたのが本当に恥ずかしく思いました….

それにしても,元来クラスでもトップクラスの不器用さを誇っている私(いや誇りたくないけど)としては,自分のできないことから逃げて逃げてここまで大きくなってしまったのは,人生における大失敗だよなあ….そんな甘っちょろい生き方してたせいで,何一つまともにやりとげられない人間になってしまったしなあ.そもそもできることにくらべてできないことがあまりに多すぎるもの.人生にリセットボタンがくっついてたら,間違いなくここまでくるまえにボタンを押してるものなあ….「克服する」という能力が低すぎなんだよ,自分.

しかしながら自分のことは棚にあげて不安になるのは,こういう何かの道具を自分で作ったり.直したりする技術って,明らかに次の世代へ伝えきれてないよなあ….部屋に合った棚を自分で一から作ったり,配線の不具合を修理したりという,自分で何かを作って,それを使うという経験はこの一世代の間に急激に減少してるんではないだろうか.
何でも「買う」ことが美徳とされ,さらに機械が故障しても「新しいものを買ったほうが安い」という状況に慣らされてしまったら,そういうふうにモノを自分で作り出す能力は失われるよなあ….最近は機器メーカーの業者さんもトラブルを自分で見つけ出して解決するといった能力がめっきり衰えてしまい,ただの売り子とかわらないんだよなあと嘆く声も年配からはよく聞くわけで.
こういう現状を目の当たりにして「よし,だったらオレらががんばるぞ」と燃えるどころか,「まあ,そういう仕事は発展途上国から人呼べばいいんじゃないの?」とか思っちゃうところが,いかにも亡国の没落貴族ですわな.
posted by Kammy+ at 19:42| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハンダとか六角レンチとか懐かしいですね。
修士時代の恩師に
「実験の論文なんかより、君は道具を使う知恵や物事を考える道理をしっかり身につけて卒業せにゃあかんな」
って言われたのを覚えてます。
職人芸ってやつは大事にせにゃあきまへん。
Posted by Fuku荒廃 at 2006年08月06日 20:15
そうそう,職人芸ね.
何をするのでも,自分でできることが少ないと,発想が貧困だったり,机上の空論を振りかざしてしまうんだよね.

ましてや,自分ができもしないことを他人に指図することなんてできないものね.
Posted by Kammy+ at 2006年08月08日 22:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22007714

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。