2006年05月06日

夢を抱いて学校へ通う人たちへ

このブログにも時折コメントをいただいているシロクマさんのところに,是非とも注目していただきたい記事があったので紹介します.

シロクマの屑籠(汎適所属)

「兵士としての教育」が隠蔽され、誰もが「将軍の夢」に酔っている異常
その点、看護学校って「兵士としての自己実現」が徹底してる
ある種の業種では、「練兵所」なんて要らない。必要なのは「弾薬工場」と「鉄砲玉」だ!

Employer(雇い主)からしてみればemployee(使用人)というのは使い勝手のよい駒であればあるほどよく,次から次へと適当な夢を持って入ってくる若者を使い捨てることが最高の費用対効果に結びつくという現実が,経済の拡大のために隠蔽されすぎていることに警鐘を鳴らしているわけだけれど,この問題は各個人の人生の質(この場合も英語のquality of lifeが相当するんだろうか)に大きく影響するものだと思うわけで.

私の身近なところの問題としては,研究者という人生についての人材養成の問題がある.96年からのいわゆる「ポスドク1万人計画」についてのさまざまな弊害については今回は省くけれども,「優秀だったらポストはあげよう.ポストにつけなかったらその一切は個人の責任.将来のことなど世話できないし,そんなこと期待されても困る.」という方針で若者から研究力を搾取し,財政難を理由に正規雇用を増やさないのではどんどん不満が積もっていくだけではないか.もっとも,そんな不満分子は排除され,新たな希望に満ちた鉄砲玉に入れ替わり問題は後回しにされるのだけれど.
「自分は研究者になれたけど,いつまで研究者でいられるかはわからないし,ましてや自分の子供には絶対勧めない職業だよ」と話す研究者をよく見かけるし,私もそう思う.日本の科学技術を支える人材を供給するシステムは1世代後には完全に崩壊してるんじゃないかとさえ思える.

やはり対策としては,学生や親の側としては国や企業や学校は自分たちに都合のいい麻酔を自分たちに打ってくるということをしっかり認識するということだろうか.教育についてはその意味合いについて考え直すべきだと思う.教育とは本来,世代をつなぐ大事なバトンの役割を果たしていたはずであるのに,最近は金銭的な対価として提供されるサービスとしての面が強調されすぎではないだろうか.これには「お金が集まるのだから,優秀な人材も集まるはずである」という貨幣価値至上主義に基づいた論理のすり替えが起こっていることが原因しているのではないかと思うけれど,そのゆがみについて個人的に不安を訴えることはあっても社会的なレベルで補正しようという動きはみられない.もちろんこのブログだってそうだし.今の世の中あまりにも流されて生きているほうがラクな状態が続いているからだろうけど,そんな平和なんて一時的なものだということは歴史が教えてくれているのに…と私は思ってしまう.(もちろんそれを「今から悩んでたってしょうがない」というのは自由だし,私だって杞憂であってほしいと思う)

教育する側だったり,人を雇う側としては,現在ニートを増殖させていると思われる「将軍か,さもなければ逃亡か」という,「全か無か」の賭けしか人生の方法を知らない若者たちに少しでもシロクマさんの言う「兵士の幸せ」を示していくかが重要になってくるだろうし,人の上に立った者としては,その権力をより強大に,強固にしたいという欲望を少しでも抑え込んで兵士の幸せを育ててやる義務があるのではないだろうか.


本来ならば,上に立つもののそういった義務は相互監視の社会と倫理観に支えられ履行されてきたのだろうけれど,最近はそんなリミッターがはずれぎみで,上に立つものの権力がどんどん増大していっているような気がしてならない.そしてそのことがさらに人々を上に立つこと,権力を持つことに固執させているのではないかと思う.ときどき,ニートを理解できないと突き放したり,非難するお偉い方々を見かけるけれども,そういう方々には今の自分がしていることをじっくり考えてもらいたいものだ.
posted by Kammy+ at 16:02| ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | 考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
文字を大きくしてくれてありがとう、じつは見にくいなーと思ってて(笑)

シロクマさんのこの記事には私も「ああ、またシロクマさんてば、こんな本当のことを」と思っていて、でも、あえて何も書かなかったんだけど。麻酔でもいいじゃん、それがないと、この国、暴動が起きるよ、とか(笑)
私の実家は自営だったので、雇用する側、される側の溝は身近で見てるつもり。実際、ある一時期、小さいほうの店をちょっとまかされて、私自身が雇用側としてパートさんの面接をしたりしたこともあったわけで。正直言うと、私は女でもあるし、「努力に見合わないような競争で自分が磨り減るくらいなら、その舞台から降りるよ、馬鹿馬鹿しいから」と思ったりして、そしてまたそれが許される環境にもあったわけですが、舞台から降りたくない、降りられない、また上がらなきゃいけない大多数の人たちには、娑婆の残酷というやつです。その残酷から逃れるならば、「兵士の幸せ」というより、人間として「幸せとは何か」ということを考え抜く以外にないと思います。
Posted by まりねこ at 2006年05月07日 01:28
日本で上に立つ人の立場ってそんなにいいものですかね?
労力に見合う待遇なら兵隊の方が楽だと思いますが。
一部を見て想像で考えるのは自由ですが。

人材の使い捨て等の問題は顧客の方にも問題ありだと思います。
その辺の議論をすっ飛ばして論じても空論にしかならないと思いますよ。
むしろ空論こそがそういう人達にとって有利に事を運ぶ土壌だと思いますが。
Posted by NR at 2006年05月08日 01:08
まりねこさんは実家が自営だという話をよくされるのですが
解らないのはリスクというものが感じられない話をされることですね。








Posted by NR at 2006年05月08日 01:28
>まりねこさん
文字を大きくするのにはスタイルシートをいじらなきゃいけなかったんでいままで手を出してなかったんですが,いざソースをみてみたら意外と簡単に直せました.ビギナーズラックかもしれませんが.

シロクマさんが言う兵士の幸せってのは人間としての幸せってことでいいんだと思いますよ.あと,学校にいて強く思うのはこうした麻酔に強く酔ってしまって,挫折したときにそれを学校の責任にしてくる学生や親がいるということです.でも自分も学校という「だます側」に組み込まれてしまっている立場上,「だまされるほうが悪い」とは言えないのがなんとも難しいところです.個人レベルでは,少しでも「手遅れ」にならないように個人に語りかけていくしかないのでしょうけど.

>NRさん
ちょっとおっしゃっていることの意味がつかみかねるのですが,NRさんが重要と考えているポイントは何なのでしょう?
シロクマさんのところの記事と私の記事で憂慮している問題について,どうも共通の論壇に上がっていないように思われます.
問題にしているのは兵隊をきちんと育てないで全員にトップになれるかのように甘い言葉で学生やその親をたぶらかし,費用対効果のよい鉄砲玉を量産しているように見える分野(特にクリエイター系など)についてです.

また,2つ目のコメントでまりねこさんへも問いかけているようですが,文章があいまいで何を語りたいのか残念ながらきちんと伝わっていないように思います.
ちょっと議論が噛み合っていないようなのでまずは一度に多くのことを盛り込まず,要点を絞った書き方にするとよいかもしれません.
Posted by Kammy+ at 2006年05月08日 01:37
上の立場に立つ者の大変さとかは、なってみなければわからないかもしれませんし、人それぞれでしょうが、上が下を搾取する構造は、厳然としてありますよ。社長は社長同士つるんで便宜をはかり、富める者はますますその財を増やしていくチャンスが与えられます。そういうのを見ていると、当然、下になるのはいやだなと思いますよ。不公平だなーと。もちろん、リスクもあります。そのリスクをうまく回避し、問題を解決するトップになれてこそ、すべてがうまくまわっていきます。リスクを回避できなければ、潰れるだけ。
能力があるのでそれだけの報酬がある、といってしまうとそれだけですが、もう少し、ギャップを埋められてもよいと思います、それだけですよ。
で、NRさんは何がおっしゃりたいのか、私にもわかりかねます。
Posted by まりねこ at 2006年05月08日 05:31
 
 あれまぁ、リンクされている事にたった今気付きました。ええ、私が一番あの記事でアレだと思ってたのは、「夢売り業者の鉄砲玉量産」なところかもしれません。

 と思いきや、そんな夢売り業者がこれほど要請されているなんてねーなんて思いも。もう、近所に大根売って幸せになれる時代じゃないんだよね。
Posted by シロクマ at 2006年05月15日 19:39
>シロクマさん
TB飛ばしたんですが,seesaa→はてなって相性悪いんでしょうか.それとも私のやり方がよくないのか詳細は不明ですが届かずになってしまってました.申し訳ないです.

自分も夢売りに加担している身としては,「いい夢いっぱい売るけど,たのむから買う側は夢に溺れるなよ」というのが切なる願いであります.
Posted by Kammy+ at 2006年05月15日 22:39
「個人の尊重」をされてしまった世代では、逆に「際立った個人であらねば」という意識が皆それぞれに強く働きすぎてしまって、わかりやすい際立った人として「将軍」を目指す傾向があるのかな、と思います。

ところで研究者に限った話をすると、研究者ってそんなにたくさん要るものなのかが疑問ですし、生活のリスクをとってまで研究職に縋りたがる人が結構な割合でいるのも、いまだによく理解できないです……。
Posted by ぽいんつ at 2006年05月15日 23:40
>生活のリスクをとってまで研究職に縋りたがる人が結構な割合でいるのも、いまだによく理解できないです……。
これらはシステムとか経営の問題ではないと思います。
ぽいんつさんの指摘される「個人の尊重」をされてしまった世代で、昔ほど生活に切実さを要求されなくなったからというのも大きいと思います。
クリエイター系の仕事なんかでもダンピングをやってまで食い込もうとする人が後を絶たないのは
>「兵士としての教育」が隠蔽され、
という話とはかけ離れていると思います。
漫画家やクリエイターというの現状って、隠蔽されているどころか知れ渡っていると思います。
将軍の夢って言うのも本当かな?と思いますね。
搾取の定義も競争との境目が曖昧で使われているし、
今は1から書く時間も無いので、そのうち書くことも有るかもしれません。
Posted by NR at 2006年05月16日 04:31
>NRさん
シロクマさんは「個性・夢・クリエイターなどといった体の良い文句」等と仰っているので、ここで言う「将軍」は「頂点に立つ」というよりは「個人としてネーミングされる」ということだと私は解釈していました。経営者も研究者も漫画家もクリエイターも、他には俳優なども、皆個人としてネーミングされる仕事です。

ただ、その中でも研究者って教育水準が高くないとまずなれない仕事だから、もうちょっと広く頭を巡らせてもよさそうなものなのに、明日をも知れぬ立場に縋る中途半端な人間がちらほら居るのが謎だなあ、と思っています。研究水準と日常生活への適応は別のスキルだと言えばそれまでなのですが、専門以外に全く想像力の働かない「研究者」ってどうなの?そんな「研究者」を増やすのってどうなの? と。

ちなみに、シロクマさんの仰る「近所に大根売って幸せにな」りたい人は、例えば「カフェオーナーになりたい人」だと思います。このテの人はちらほらといます。
「将軍」の対義は「近所に大根売って幸せ」ではなく、例えば「皆でひとつのことをやり遂げるなかで自分なりの達成感を得ることが幸せ」といった、集団などの場にアイデンティティを見出す感覚ではないでしょうか。これは日本の製造業の源泉の1つだったと私は思うのですが、なくなりつつあるように見えて危惧しています。

と、他人様のブログで語ってしまって申し訳ないです。>Kammy+さん
Posted by ぽいんつ at 2006年05月16日 09:06
私の好きな古き良き約款がもう消えつつある今の世の中、見渡せば子は親を殺し親は子を食う時代に入っているようです。それが天のさだめ、自然の流れなら逆らうことなく私は身を任せます。
でもそれがもし、違うのなら・・・
誰もが当事者たる明確な線引きや自覚もなしにこの問題の全体を捉えることなどできません。
結局形だけの危惧や杞憂だけが積み重ねられて来た結果だと思います。いつだって一般大衆なるものは私たちの頭の中にしか存在しません。あるのは私たち個人だけです。個人の意見を述べているつもりでもどこかで「大衆」の中に自分の身を置こうとする習慣が私たちには染み付いているのではないでしょうか。皆さんの書き込みを見させていただき、私自身の未熟な覚識を覚まさすことができました。がしかし、各々語る皆様方も御自分の境界が曖昧になって、胡乱に呑み込まれてしまっている部分があるのではないでしょうか。これは結局単なる危惧や杞憂の積み重ねではありませんか?特にいただけないのが夢を売る側と申される研究者が夢に溺れないでくれ、とは本末転倒もいいところです。第一線にあられる期待の研究者がそんな態度では結局胡乱なシステムを享受していますと公言していることとなんら変わりないのではないでしょうか。エリートであるあなたが毅然とした意見や意志を持たなくてどう世の中が変わるというのでしょうか。
たまたま自分は運がよかっただけと考えているなら、それは自分が批判しているまたは憂えているシステムや社会にすっかり取り込まれていると言わざるを得ないでしょう。
エリートもまた個人としての側面を持つという意見もあるかと思いますが、個人を主張する段階でそれはもはやエリートではありません。それはただの個人的意見に過ぎません。だとするならここに述べれていることは単なる個人的杞憂なのでしょうね。あまり大げさなことは言わないほうがよいでしょう。
Posted by 油風呂 at 2006年05月18日 01:21
現在多忙のため的確な返答ではできてないかもしれませんが….

>ぽいんつさん
>研究者ってそんなにたくさん要るものなのかが疑問ですし、生活のリスクをとってまで研究職に縋りたがる人が結構な割合でいるのも、いまだによく理解できないです……。
研究者の適正な人数というのは難しいですね.その国がどのくらい富んでいるかにもよるでしょうし….
ただ,研究者としてはいかに研究者が有益であるかを説かないと予算が割り当てられず自分の生活もあやうくなるため,科学者のプラス面を強調し,マイナス面を隠蔽しすぎる傾向にあるかもしれません.もっともこれは他の職業でもそうかもしれませんが.
研究者が「あこがれ」だけで就職できるほど甘い世界ではないのは痛感します.研究というのは野球やサッカーや吹奏楽と同じく,ある程度楽しんだらいずれ卒業していくものだという認識をつけさせたほうが,道を誤る人間が少なくなるような気はします.

>NRさん
シロクマさんのたとえの「将軍」についての捉え方は,私もぽいんつさんの説明されたものに近いものでした.
NRさんは主にクリエイターのほうからこの問題について考えているようなので,その考察については筆を譲ります.

>油風呂さん
私の物の見方に思うところあるようですが,それを言い出すと「じゃああなたのその視点は適切なものなのか?」という批判合戦になってしまうのではないでしょうか.
私が何かを代表して語っているわけではないので,当然この記事というのは個人的意見に過ぎないわけですが,それを私が語ることは憚られるべきことなのでしょうか?
油風呂さんはこのコメント欄では語りつくせないほどの個人の主張を持っておられるようですから,ぜひ自分自身のブログなどで主張してみてはいかがでしょうか.
Posted by Kammy+ at 2006年05月19日 01:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。