2005年01月16日

vs. 理不尽

「社会人になるってことは『理不尽に怒られる』ことだからねえ」と,さるお方がご指摘なさった.
うむむ.
バイトするたびにそのことは実感しまっせ.
それで,若かりし頃からの決意を思い出した.
「理不尽に怒られるのには耐えられない.だからこそ,理屈で勝負できる(研究の)世界に身をおきたい」
小さい頃から理屈をこねることばかりだった自分の,ささやかな,社会への抵抗だったのかも….

でも結局,ひとりで生きていくためには,この理不尽に打ち克っていかなきゃならないんだなあ,と最近思うんよ.
世の中の理不尽さと自分との戦い.
でもこのごろ,僕の戦いは圧倒的に理不尽が優勢で,「耐えられないならお前が氏ね」と,理不尽におしつぶされるという状況が続いてる.
生きている心地がしない.休暇が,カタストロフィーの先延ばしにしか思えなくなってきている.
今の生活でこうなんだから,社会出たら….

みんな,強いよ.強すぎるって.
「僕はなんとかピュアなまま生きるから,倒れそうになったら護って」
他人にそんな期待をしている甘え根性まるだしの自分.
「こっちにとってオマエがピュアだろうがダーティだろうが,そんなこと知ったこっちゃねえ,こっちだって自分生かすのに精一杯なんだよ.」
との声が聞こえてきそうだよ.

ごめんね,ただのお荷物で….
posted by Kammy+ at 06:36| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1595002

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。