2006年04月24日

東京・横浜に遊びに行きました(前編)

関東に住んでる友人が大塚愛の横浜アリーナのコンサートのチケットをくれるというので,ちょうど春めいたいい時期だろうということで快諾して旅行の手配をしたのが1ヶ月前.今回は旅割で安い飛行機チケットが手に入ったので,行きは前からやってみたかった「鉄路で関東へ」を実現に移すことに.

行きに札幌から上野行きの寝台特急に乗ろうとすると19:27の北斗星4号には乗らないといけないので平日はきちんと仕事したいこともあり今回は見送り,22:00に札幌から青森へ向かう夜行の急行列車である「はまなす」に乗車.寝台車にはせずに指定席券だけで座れるドリームカーというリクライニングのよくきく座席.
途中日付の変わるまでは起きていて,気づいたら函館に着く直前.函館着は夜中の2:42.函館では進行方向が変わり,いままで9両の車両を牽引してたディーゼル機関車から,青函トンネル用の電気機関車に付け替える様子を見学.函館発は3:00.

blog008.jpg

その後はうとうとしながら青函トンネルに入ったのまでは覚えていて,気づくともう本州に入っていた.本州に入ったらさぞかしあったかくなっているだろうと思っていたけれど,残雪があるあたり北海道とさして変わらない印象を受けた.

急行はまなすの終点,青森着は5:35という早朝.それでも多くの乗客を降ろし賑わうホーム.ここからさらに旅を続けるものにとってはすぐに乗り換えがあり,私も5:52発の八戸行きの特急つがる2号に乗り換える.八戸からは東北新幹線で一気に東京まで南下する超特急ルートをとる.

特急つがる2号に乗っていて森の木の構成が北海道と異なることに本州に来たことを実感しつつ,6:48に八戸に到着.次に乗る新幹線はやて2号は6:55発車なので混雑するなか急いで乗り換え.普段,乗車券と在来線の特急券と新幹線特急指定券の3枚を自動改札に通すことなんてしてないのでちょっと戸惑う.10両編成のすべてが指定席のはやて2号はほぼ定刻どおり発車.

次の盛岡では6分停車して秋田新幹線のこまち2号を連結するはずだったのが強風のための遅れで発車時間が遅れるとのアナウンス.それではと盛岡ではホームに出て写真を撮っていたらこまち2号の遅れが拡大したらしく,連結走行を取りやめ定刻どおり発車することに変更になりました.

次の停車駅仙台の市街に入って,私のこの春最初の桜並木を目撃.

blog009.jpg

仙台発は8:15,ここで大量に客が乗ってきた.はやて2号はその後上野にすら止まらずに東京駅まで1時間36分疾走する.福島あたりでは菜の花が黄色く咲いているのをみかけてさらに春を感じつつ,昨晩からの眠さもあってうとうと.気づくと宇都宮を過ぎていて,木々にも緑の葉がさわやかに目立ってきていた.

9:51東京駅21番ホームに着くと,今度はJR東海の東海道新幹線のホームへ.10:13東京駅18番ホームより発車する博多行き新幹線のぞみ19号に乗り換えへ.それを使って新横浜まで行き,10:32.そこからは横浜線の電車にスムーズに乗り換えることができて,友人との11:00の待ち合わせ時刻に間に合うことができた.

横浜アリーナの開場までは横濱カレーミュージアムで食事をし,中華街で豚まんをほおばり,新横浜ラーメン記念館で新たな店に足を踏み入れた.食べてばっかりだな….

大塚愛のコンサートの感想や詳細は専門のページを見てください.私は大塚愛のアルバムは3枚持っていて『さくらんぼ』のようなはじけた感じの曲が特に好きですが,むしろ今回のコンサートではバラードに聞かせるものが多く,カップルで鑑賞するといい感じだろうと思いました.

帰りはJRと私鉄を乗り継いで友人の家で雑魚寝.
翌日の行動については後編に.
posted by Kammy+ at 23:34| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

助手のお仕事 第2週・第3週

研究費の申請書のほうは意外に手間取ってしまい,先週の大半はそれがメインのお仕事になってました.第1稿ができたときには「素晴らしい申請書だ.これに研究費当てなくて何にあてるというのか」ってくらい鼻高々な気分なんだど,推敲すればするほど隙というか脇の甘さに気づき,意気消沈.でもって局所的に修正すると全体像との整合性が取れなくなってまた別の部分を書き直し…って感じで,段々苦痛になってくるという罠.

ラボで唯一の学生であるN氏に研究のイロハを説くのもたぶんお仕事の一部.
意欲のある学生ってのは接してるとこちらまで頑張ろうという気持ちになるわけで,まさにラボの宝.実験データの解釈をボスを交えてじっくりやったり.

研究室内を把握するために,詳細な試薬リストの作成にとりかかる.昔,最初の研究室でリスト作ったときはもっとサクサク作ってたはずなんだけど…,まだ半分もできていない.念のため申し添えておきますが,もちろん,劇毒物などのリストはちゃんと存在してますよ.

研究室の共用のパソコンの新しいものが届く.前のパソコンからのデータの引継ぎや,各種ソフトのインストール,プリンタなどのドライバのインストール.箱を開けるとこからはじめるのでそれだけで1日仕事.

新しいパソコンのほうにプリンタケーブルの端子がなかったのでプリンタケーブルとUSBの変換コードが必要になったのと,器具洗い用のバケツ(普通のポリバケツだと底が狭くなっているのでホームセンターなどで売ってる漬物用のポリ容器を使っている)にひびが入って水が漏れるようになってしまったので,ボスと買い出し.PC売り場でレーザープリンタの品定め,というか完全にウィンドーショッピング.

研究室に何台かある薬品保管用の冷蔵冷凍庫のひとつが故障.エラー音がうるさいので中味を別のところに移したり,不要なものは処分したり.メンテの人いわく霜取り部分の故障らしく,パーツ届くまで2-3日とのこと.大都市から離れるとこういうときに不利だよなあ….でも大都市ではないゆえの,のんびりした雰囲気は人間らしく生きているような気がして好き.やっぱり私はいなかものの血が濃いんだろうなあ….
posted by Kammy+ at 08:15| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | Kammy+の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

助手のお仕事 第1週

新しい場所で実験を始めるとなるといろいろ手続きが必要です.

動物実験施設の利用登録,利用ガイダンス.
放射性同位元素(RI)の利用登録,利用ガイダンス,利用のための健康診断.
実験機器共同利用施設のガイダンス出席.
就職による研究者番号の取得.

こうした書類が発生するもののほかにも,ゴミや実験廃液の捨て方の施設ごとのルールからラボごとの「しきたり」レベルのオリジナル・ルールまで,不文律であろうとも(むしろ,不文律だからこそ)この時期に覚えておいたほうがよいことが目白押し.とはいえ,べつにこの仕事かぎった話ではないのでしょうが.

ボスからはさまざまな仕事が割り当てられます.今週は学生実習についての概略の説明を受けたり,ボスが今回ホスト役をつとめる小さな研究会の裏方的なお仕事の一部を引き受けました.面倒な仕事ではないので今のところ不満もなく過ごしております.

研究のための研究費の申請書を書くのも研究者の大事な仕事のひとつです.
日本の代表的な競争的獲得資金源である「科研費」にはいくつかのコースがあるのですが,そのなかで新設された若手研究(スタートアップ)という種別のものに応募するために申請書を書いているところです.今年から新設された種別なので不安はあるものの,出さなきゃあたらないのは懸賞はがきと同じなので,まずは少しでもいい申請書を書きたいところです.
posted by Kammy+ at 22:27| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | Kammy+の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月08日

授業料免除と奨学金がなかったら…

私は11歳のときに両親の離婚を経験している.
父親の借金が原因だったものの,幸いにして借金の取立てには遭わずに済んだ.
別居のための小学校の転校以来,私の教育費は常に社会によって支えられてきた.
小学校のときは給食費などの集金(転校先の学校は口座振込みへ移行しておらず,児童が集金袋に現金を入れて学校に持っていっていた)のときに持っていく金額がまわりの子よりも少ないことで実感していたし,高校でも普通の生徒ならほとんど用のない事務室に授業料免除の書類を提出するために何度も通っていた.

そのことが恥ずかしいと思ったことは一度もなかった.

母は,私にまともな大人になって少しでも世の中の役にたてるように願っていた.
母は,父に対する恨み節をひとつこぼすことがなかった.また,私も深く詮索することがはばかられたので,当時は事情を詳しくは知らないまま,当時の生活環境を自然なものとして受け入れていた.ただひたすら,母に感謝していた.

そんな家計の状況で大学に行けるかもわからなかったものの,当時の高校の担任は三者面談で大学進学の際の金銭面での心配をぶつけた我ら親子に「Kammy+君なら大丈夫でしょう.」と言ってくれた.心配していてもはじまらないので,とにかく国立大学を目指すことにした.

結果,無事親に余計な出費をさせることなく国立大学に入学したものの,国立大学の授業料すら払うこともできない状況.幸いにして某企業が社会活動の一環として行っている奨学金制度の奨学生に選ばれ,日本育英会の貸与も受けたけれど,一番の拠りどころは授業料免除だった.そして宿舎費わずか3,000円(当時)の大学の学生寮に入れたことで,人並みかむしろそれ以上と思えるほどの大学生活を送ることができた.

大学院に進めば育英会から借りられる金額も増えることから,あとは自分が働いて返すことができるだろうということで,大学を卒業するときには既に大学で行けるところまで行ってみようと決意していた.大学院に進むと母の収入も増え,授業料免除は半額免除を経て,最終的には免除がかからなくなっていた.
「社会が僕に投資してくれるなら,それに応えるまでのこと」
そんな気分だったし,今でもそれは私のポリシーだ.

だから私は奨学金で学ぶ後輩達を,強く応援したい.
そして,少しでも奨学金制度がよい形で継続されることを切に願っている.

しかしどうも今,国はよからぬ方向に動いているような気がしてならない.
不景気で授業料の払えない学生・生徒が増えても,それに見合う税金の投入をしなかったように思われる.国の借金を減らすためか,大学も,育英会も法人化してしまった.
育英会は名を変え,卒業後の特別返還免除の対象をどんどん狭めていった.研究を行う公務員か大学教員となって15年間勤めることで返還免除となる制度もちょうど私の学年までで廃止(大学学部での免除規定は全廃)し,「大学院において第一種奨学金の貸与を受けた学生であって、在学中に特に優れた業績をあげた者」が奨学生の死亡・心身の障害を除くと唯一の免除対象となってしまった(解釈に間違いがあったらご指摘ください).しかもその在学中の優れた業績とは「学問分野での顕著な成果や発明・発見のほか、専攻分野に関する文化・芸術・スポーツにおけるめざましい活躍、ボランティア等での顕著な社会貢献」が対象と,あまりに即物的すぎやしないかと感じずにはいられない.
大学も,法人化してまず始めたことは授業料未納者への退学処分の基準を明文化だったし.その代わりに創設するのは支援機構同様「何か大学にプラスになることをした人物」を対象とするような制度ばかりが目に付く.授業料免除のための国の予算が増えないために免除基準は一層厳しくなり,このままじゃ大学は「超貧乏か中流以上」しか通えないところになってしまうんじゃないだろうか.
日本は学生を育てることを放棄し,手柄を立てた者にだけ媚を売るような国になってしまったのかなあ.

せめて次の世代には少しでもよい教育環境を残せるよう,今後も努力していきたいと思う.
posted by Kammy+ at 22:05| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。