2005年12月09日

研究の愚痴

学位論文発表会を3日前に控え,現在風邪で扁桃腺が腫れて発声がままならない状態ですよ.
うーむ.明日のOB・OG飲み会の二次会はカラオケ回避せねば…(そういう問題ではない).

最近の悩み.それは後輩と研究のディスカッションをしても盛り上がらないこと.ドクターコースの学生同士だと話もはずむのだが,マスターコース以下だと苦痛にすら感じてくることがある.今年は研究室のアマチュア人口の急増などで,どうも研究を楽しむムードが感じられないのが,研究室立ち上げ時からの学生としては悲しくてしょうがない.
その悲しみを今のうちのアマチュアちゃん達にぶつけるのは筋違いなのだろうけれど,あまりの研究する人間としての意識の低さに今年は何度失望させられたことやら.

そもそも「研究で生きてく気ないですし,就職したらカンケーないですから.だから私の(研究発表の)ハードルは下げてください」と平気で言ってのけるかのような学生の溢れる場所で研究するのは心理的にすさみますよ.
能動的に関わろうとしないから,共通で使う試薬が底を尽きるまで放置していたり,試薬を暖めるウォーターバスがぬめっていてもお構いなし.で,注意しても「なんで私を叱るんですか?(対象間違ってるんじゃないですか,ムカつくこいつ)」ってな態度だから,声をかける気も失せてしまうわな.
研究に対しても,自分に与えられたテーマの捉え方が「押し付けられた仕事」と同レベルだから,その研究が失敗に向かおうがお構いなし.ディスカッションで一緒にいろいろ考えても,もう少し突き詰めて考えたいとこがでてきても興味は仕事が増えやしないかということばかり.
とにかく今一番の問題はそういう学生が研究室に慣れようとせずに群れをなして自分たちのやり方を押し通そうとすることだ.研究室ってのは自分から能動的に関わっていって,先輩からありとあらゆる「技」を盗んでいかなくては何も身につかないとこなのに.それなのに今のうちの学生は平気で「そんなこと言われてません」といって「自分は何も悪くない」というスタンスを意地でもくずそうとしない.研究室でそんなちっぽけなプライドにかまってたら何もできないままだというのに….
posted by Kammy+ at 20:21| ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | Kammy+の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。